消防設備士・点検・営業の中途新卒採用サイト-防災のサイボウ

WORKS仕事を知る / 消防設備点検

INSPECTION消防設備点検の仕事を知る

防災設備のメンテナンスは、施設や建物と、
そこを訪れる方々の安全を確保するという、責任を伴う重要な仕事です。

― 消防設備点検

消防法に定められた消防点検を行います。具体的には6ヶ月に1回、設備等の適正な配置、損傷等の有無や機能について機器点検を行い、消防法の点検基準に従い確認します。
また、12ヶ月に1回の総合点検では、消防用設備等を作動又は使用することにより、総合的な機能を基準に従い確認します。
点検する項目は幅広く、消火器、屋内消火栓やスプリンクラー設備、泡系・ガス系などの消火設備の点検、自動火災報知設備や火災通報装置、非常放送装置、避難器具、誘導灯・標識など、お客様の建物に合った消防設備点検を、数人のグループで行います。
消防設備点検は専門的な知識・技能を必要とします。このため防火対象物の規模や構造により人命危険度の高い防火対象物にあっては有資格者が点検します。

― 建築設備点検


― 特殊建築物点検


― 防火設備点検

建築基準法に義務付けられている建築設備点検のうち、自然換気設備や防火ダンパーなどの換気設備点検、火災時の煙や有毒ガスを建物外へ排出するための排煙設備点検、避難に必要な照明を確保するための非常用照明設備点検、水の確保と給排水を行うための給排水設備点検を行います。
また、多くの人が出入りしたり、病院やマンションなど特定の用途で使用されている建物に義務付けられている、特殊建築物点検も行います。建物の外壁や、避難経路の確保、防火シャッターや防火扉の開閉など、建築基準法上で規定されている項目を 定められた時期に適切に行います。

― 連結送水管耐圧試験

連結送水管は外部からの消火活動が困難だったり、消防ポンプ自動車からホースを延長するのが難しい建物に、一定の基準で設置が義務付けられており、建物の内部に配管設備と放水口を設け、火災の際には、見やすい場所にある送水口に 消防ポンプ車からのホースを接続して上層階や地下階で放水するなど、消火活動を支援するための設備です。
この設備に規定の圧力をかけて配管等の亀裂や破損などの有無の確認や、漏水の有無を確認し、火災時に使用できない ことがない様、一定期間ごとに法に基づいた耐圧試験を実施しています。