消防設備士・点検・営業の中途新卒採用サイト-防災のサイボウ

INTERVIEW社員を知る / メンテナンス課

2017年入社

メンテナンス課

K.A

一般社員

― 入社のきっかけについて

消火器が格好いいって思ったんです

就職活動中に参加した企業説明会で、サイボウの担当者さんが一番楽しそうに仕事内容を説明していたのが印象的でした。その時、説明のために消火器を用意されていたのですが、それが今まで見知った消火器とはかなり違って、格好いいって思ったんです。濃いルビー色の、小ぶりな消火器でした。

もちろん消火器がどういうものかは知っていましたが、その時改めて、縁の下の力持ち的な、消火器の役割に気づきました。普段は目立たないのに、万が一の時に大活躍するなんて、ヒーローみたいじゃないですか。

特別やりたいことがあったわけではないのですが、人の役に立ちたいとはずっと思っていました。説明してくれた担当者さんの人柄がよかった、というのもありますが、自分の求めていた仕事内容にマッチしていた、というのが入社の決め手になったと思います。

― 教育体制について

周りの人が丁寧に教えてくれるので勉強しがいがあります

入社した後は、まず新人研修を受けました。そこでサイボウでの点検作業の方法や、現場に向かうときの流れ。また、社会人としてのマナーや電話対応など、基礎的な部分を教わります。

初めは何をすれば良いのかわからなくて、不安だらけでした。自分から聞くこともできずにいたのですが、先輩社員がそれを察して、積極的に話しかけてきてくれたり、フォローしてくれたりしました。おかげで周りの人とも打ち解けることができて、気持ちが軽くなりました。

今は、精一杯仕事を覚えながら、消防設備士乙種6類という資格を取るための勉強も行っています。社内に資格を持っている人がたくさんいて、社内でも講習会が開かれるので、周りに確認しながら効率的に勉強させてもらっています。

― 仕事への姿勢について

責任を自覚して、万が一にもミスがないよう1つ1つ点検しています

現在は、メンテナンス課でお仕事をしています。

朝、会社に集合し、チームのみんなで車に乗って物件に向かって、そこから夕方まで点検作業を行います。そのあと帰社して、点検票をまとめたり、図面修正や見積作成をこなす、というのが大まかな流れです。

まだ入社してから1年も経っておらず、勉強しなければならないことがたくさんあります。それでも、「災害の時に使われる設備を扱っている」という責任をしっかり肝に銘じて、いざという時に設備が機能を発揮できるよう、隅々まで細かくチェックすることを心掛けています。

これまで大きな失敗をしたことはないのですが、防災設備の点検をするための操作盤を使った作業で、何度かヒヤッとしたことがありました。そういう経験をした後は、万が一にも似た形でミスが起きないように、自分の中で対策方法を考えるようにしています。

― やりがいについて

安心・安全に関わる重要な仕事なので、作業一つひとつにやりがいを感じています

防災設備のメンテナンスは、施設や建物と、そこを訪れる方々の安全を確保するという、責任を伴う重要な仕事です。専門的な分野であるだけに、勉強が必要だったり、大変なこともありますが、そのぶん作業一つひとつにやりがいを感じます。

個人的な範囲では、これまでできなかったことができるようになった時に、達成感を感じます。たとえば、最初は点検設備が建物のどういう場所にあるのかが全くわかりませんでした。それが何度も経験を積むうちに、新しい建物に行っても検討がつくようになったんです。

ささやかなことですが、自分が成長していると思える瞬間がよくあるので、前向きに仕事ができていると思います。

― 同僚社員・先輩社員について

周りを見て仕事をしている人が多いです

私は、なにか作業をする時によく夢中になってしまいます。でも先輩方は、周りをしっかり見て仕事をしていて、お互いに助け合っているように感じます。

それはお客様と接するときも同じで、たとえばわかりにくい設備の仕組みを説明するときにも、冗談を交えたりして単調にならないよう工夫していました。相手の顔を見て、ちゃんとどう話すかを考えているんだと思います。

入社当時、私はわからないことがあっても、緊張してしまって尋ねることができませんでした。そういう時、積極的に話しかけてもらえたのが、すごく嬉しかったんです。まだ自分だけのことで手一杯になってしまうことが多いのですが、いずれは先輩たちのように周りを見て行動し、同僚や後輩社員を支えられるような存在になるのが、今の私の目標です。

MESSAGE

メッセージ

私は、「消防設備点検とはどういうことをするのか?」ということも知らない、全くの未経験で入社しました。
社内の先輩社員は、気さくで優しい方ばかりで、アットホームな雰囲気なので、安心して飛び込んできてください。