GET ADOBE READER

サイボウHOME > サイボウについて > 社会的取り組み

社会的取り組み

1.埼玉県地域防災サポート企業・事業所登録

http://www.saitama-bousai.ne.jp/

登録番号  21-524

埼玉県では、阪神・淡路大震災での教訓を踏まえ、「埼玉県震災予防のまちづくり条例」を平成14年7月に施行しました。

この条例は、県・県民・事業者が力を合わせて震災時の被害の軽減に取り組み、全ての県民が安全に、安心に暮らせる地域社会の実現を目指しています。

企業は地域社会の重要な構成員であり、地域の防災力向上に重要な役割を果たすことが期待されています。そこで、地域と協力して防災・救援活動等を行う意欲のある企業・事業所を「埼玉県地域防災サポート企業・事業所」として登録し、地域との連携や協力体制づくりを推進していきます。

  • ・ 地域の初期消火活動や救出活動にあたる人員の提供
  • ・ 救援活動に必要な資機材・車両などの提供
  • ・ 避難場所の提供
  • ・ 避難者への水や食糧、物資の提供
  • ・ 倉庫の空きスペースを利用した地域の備蓄物資・資機材の保管場所の提供
  • ・ 市町村や地元の自主防災組織が主催する防災訓練への参加    など

2.倫理法人会所属

http://www.rinri-jpn.or.jp/

さいたま新都心倫理法人会  幹事

倫理法人会憲章

倫理法人会は、実行によって直ちに正しさが証明できる純粋倫理を基底に、経営者の自己革新をはかり、心の経営をめざす人々のネットワークを拡げ、共尊共生の精神に則った健全な繁栄を実現し、地域社会の発展と美しい世界づくりに貢献することを目的とした団体である。

これがため以下の「活動指針」と「会員心得」を掲げる。

倫理法人会活動指針

  1. 1.倫理の学習と実践の場を提供し、よりよい生活習慣とゆたかな人間性をそなえたリーダーを養成する。
  2. 2.深く家族を愛し、篤く祖先を敬い、なごやかでゆるぎない家庭を築く人を育てる。
  3. 3.「明朗」「愛和」「喜働」の実践により、躍動する職場づくりを推進する。
  4. 4.愛と敬と感謝の経営をめざす会員の輪を拡げ、各種の活動をとおして地域社会の発展に寄与する。
  5. 5.自然を畏敬・親愛し、「地球人」たる自覚を深め、環境の保全と美化に貢献する。

倫理法人会活動指針

  1. 1.朗らかに働き、喜びの人生を創造します。
  2. 2.約束を守り、信頼の輪をひろげます。
  3. 3.人を愛して争わず、互いの繁栄をねがいます。

活動内容

大宮駅周辺の清掃、活力朝礼、あいさつ励行運動の実施

地域清掃活動

3.(財)さいたま緑のトラスト協会に寄付をしています

http://saitama-greenerytrust.com/

目的

(財)さいたま緑のトラスト協会は、県民が主体となって進める「緑のトラスト運動」の推進組織です。
緑のトラスト運動は、県民の皆さんから広く寄附を募り、それを資金として土地や建物を取得したり、また寄贈や遺贈を受けたりして、埼玉の優れた自然や貴重な歴史的環境を、県民共有の財産として末永く保全していこうという運動です。昭和59年に県民主体の運動の推進組織として「さいたま緑のトラスト協会」が発足し、翌60年には、運動の資金となる「さいたま緑のトラスト基金」が県に設置され、現在、この両者が一体となって運動をすすめています。

地域清掃活動

協会では、埼玉県から委託を受けて「さいたま緑のトラスト基金」の募金活動、「緑のトラスト保全地」の管理や自然観察会などを行っています。
県民が真に愛着と誇りをもてる、郷土「さいたま」づくりに寄与しています。

目的

  1. (1)普及啓発活動事業

    会員募集、広報紙の発行、「自然に親しむ会」や夏まつりの開催、トラスト写真コンクールの開催、ホームページでの広報、自然保護事業への後援等を行い、トラスト運動の普及啓発を図る。

  2. (2)ボランティア活動事業

    緑のトラスト運動の普及啓発・各トラスト保全地の保全管理等を支援するボランティアスタッフを募集するとともに、ボランティアスタッフ研修、さいたま緑のトラスト運動指導員研修を実施する。

  3. (3)さいたま緑のトラスト基金募金活動事業

    県からの委託により学校などを対象とした「緑の十円玉募金」や「企業募金」等による寄附キャンペーンの事業を行うとともに、基金管理の事務補助を行う。

  4. (4)保全地管理事業

    県からの委託により緑のトラスト保全地9か所の保全管理事業を行うとともに、トラスト運動の普及啓発の場として積極的に活用する。




ページトップへ