GET ADOBE READER

サイボウHOME > トピック > 南海トラフ地震について

南海トラフ地震について

内閣府より南海トラフ巨大地震の被害想定が発表されました。

南海トラフ地震の被害について

これは、東海・東南海・南海地震などが同時発生することを想定したもので、資料では死者数は最大で32万3000人、津波の高さは最大で34メートルに達するという驚くべき数値が示されました。

特に津波による被害が大きく、想定死者数の7割にあたる23万人が該当すると考えられています。

浸水域は最大で1015平方キロ・メートルと東日本大震災の1・8倍となり、その面積からも被害の大きさが伺えます。




防災で被害は防げる

甚大な被害を予想された南海トラフ地震ですが、各種の対策を徹底することにより、6万1千人に抑えることができるとも試算されています。

津波による死者は約7割の23万人と見込まれていますが、これは、夜間の場合、地震発生から10分以内に避難する人が20%にとどまるとの前提で算出されています。

しかし、全員が10分以内にこの時間内に避難を始め、既存の津波避難ビルを活用すれば、死者数は80%減の4万6千人に減らせます。

また、建物倒壊による死者は、耐震化率を100%に引き上げ、家具の転倒・落下対策も取れば8万2千人から1万5千人に。火災の死者も、初期消火の徹底や、電熱器具の出火を防止するブレーカーの普及で1万人から300人に激減すると計算されています。

被害を最小限に抑えるためには国や地方自治体としての対応も必要ですが、東日本大震災の教訓を生かし、私たち個人個人での備えを忘れないよう心がけましょう。


内閣府防災情報のホームページ
http://www.bousai.go.jp/jishin/nankai/index.html





ページトップへ