GET ADOBE READER

サイボウHOME  > トピック > 注目の防災用品

注目の防災用品

「いざ」というときに確実に使える!

階段避難車 MK4-JP

イーバック+チェア

イーバック+チェア

災害からすべての人々を救う防災対策整備のひとつとして
“イーバック+チェア”の導入をお勧めします

“EVAC+CHAIR®”は世界に先駆けて英国Evac+Chair International Ltd.が開発・実用化した階段避難車です。
地震や火災などでエレベータが使用できない災害時・非常時に、要援護者やケガをされた方など歩行困難な方を上層階から階段を使用して、安全・円滑・迅速に避難させることができます。
軽量、強固なアルミ合金フレームで、モータ・エンジンなどの動力は一切使用しておらず、1人の操作者で182kgの方まで避難させることができます。

  • 3.11東日本大震災でも多くの
      場面で活躍
  • 女性1人でもらくらく簡単操作
  • モータ・エンジンなどの
      動力・電力不使用
  • 最大荷重:182kg

簡単操作

女性の方も操作は簡単

収納状態から素早く開いてイスにし、対象者を乗せて腹部を固定します。
「いざ」という時でも、機械的な操作はほとんどなく、軽量のため、女性でも操作は簡単です。

快適

滑らかな乗り心地で
健常者と同じ速度で
避難できる

操作者が歩くスピードから小走りでも降りることができます。乗車者の重みでVベルトが階段の角に押し付けられるため摩擦抵抗が生じ、適度なブレーキが掛かるように設計されており、不快な揺れもほとんどありません。平坦なフロアは四輪で車椅子のように安定して走行できます。

  • 平坦なフロアでの状態
  • 階段での状態

軽量

持ち運びもラクラク

最大荷量が182kgもありながら、本体質量は約9.5kgと軽量です。男性はもちろん、女性でも容易に持ち運びができます。

安心

腹部と頭部の固定で安心

腹部と頭部の固定ができるので、意識のない方や拘束の必要な方にも安心して使えます。

スムーズ
・迅速

狭い踊り場の
取りまわしも簡単

“EVAC+CHAIR®”なら前輪を軸にその場でスムーズ・迅速回転もスムーズに行なえるため、狭い踊り場でも容易に操作ができます。

安全

専門スタッフによる
メンテナンス体制も万全

「いざ」というときに安心して使って頂けるよう2年ごとのVベルトアセンブリ交換※を推奨しています(有償)。
※Vベルトは使用、保管状況により、摩耗や経年劣化が考えられるため、本体の点検およびVベルトアセンブリ一式を交換致します。詳しくは担当営業にお尋ねください。

さまざまなシーンで使われています

  • 全国各地の
    病院で
  • 集合住宅
    などで
  • 全国各地の
    消防署で
  • 各企業や自治体、
    公共施設で

仕様・付属品

仕様

  • 寸法(cm)
    50(W)×19(D)×103.5(H)
    [収納時]
  • 質量:9.5kg
  • 最大荷重:182kg
  • 対応角度:28~40度
  • 材質:アルミニウム、
    スチール、ゴム、合成繊維

付属品

  • 専用ダストカバー
  • 取扱説明CD
  • 表示プレート
  • 簡易取扱説明書
付属品

スタンド本体
狭いスペースにも設安定した収納ができコンパクトにたためて安定した収納ができ、狭いスペースにも設置可能です。

※改良のため仕様の一部を変更する場合がありますので、予めご了承下さい。

詳しくは、お問い合わせください。 ページトップへ

車いすの前輪を「浮かせて引く」

『着脱式』車いすの緊急避難装置

JINRIKI®(じんりき)

今お使いの車いす・備蓄されている車いすに装着するだけ。
災害等の緊急避難時に抜群の機動力を発揮!

JINRIKI®(じんりき)は、その名の通り車いすを「人力車」のように前輪を「浮かせて引く」ことで、坂道はもちろん、段差や積雪・砂利道・ぬかるみなど押すだけでは移動が困難な様々な悪路で、驚くほどスムーズな移動を可能にします。

  • 市販のほとんどの車いすに装着が可能
  • 1台の車いすを複数で介助が可能
  • 車いす利用者だけでなく、素早い移動が
      困難な「要援護者」の緊急避難時に

防災用品として

災害時要援護者の避難・移送に抜群の威力を発揮します。

  • 「もしも」に備える心強い身方
  • 災害時要援護者は車いすユーザーだけでは
      ありません
  • 「誰でも用意に操作できる」ことの重要性
  • 重量物の運搬にも利用が可能

学校教育の中で

学校教育に導入することで得られる様々な教育的効果が考えられます。

  • 地域と連携した防災訓練に参加することに
      よる防災意識の向上
  • 要援護者に対応することによる情操教育
  • 障害を持つ生徒・児童の学校行事への参加が
      容易に

JINRIKI®(じんりき)導入で広がる可能性

JINRIKI®(じんりき)

<重量>
3250g(本体、パイプ、ジョイント含む)
<取付適応サイズ(車椅子幅)>
335mm~475mm(パイプ外寸法)
<全長>
縮めた状態800mm 伸ばした状態1110mm

ワンタッチで装着できる
簡易装着型けん引式車いす補助装置

JINRIKI® QUICK(クイック)

装着方法はワンタッチ!
緊急避難時はもちろんアウトドアへの外出時など一時的な用途にも対応。
介護施設、観光地、交通機関などに設置しておけばご利用者様を安全に介助することが可能。
「フレームサイズが17~25Φの車いすに対応」
※機種によってお取り付けができない場合があります。

<重量>
3000g
<取付適応サイズ(車椅子幅)>
380mm~525mm(パイプ外寸法)
<全長>
縮めた状態800mm 伸ばした状態1180mm
JINRIKI® QUICK(クイック)
詳しくは、お問い合わせください。 ページトップへ

災害用備蓄型自動パック式トイレ

備蓄型簡易トイレ

トイパック Ⅱ P l u s
自動車用バッテリー対応型

もしもの時にいつでもきれいに
お使いになれます。

震災が起きると、断水や停電、そして下水道や浄化槽の損壊により、多くの水洗トイレは使えなくなります。また、不衛生なトイレは感染症の温床になる、仮設トイレはすぐに来ないなどの問題もありますが、トイパック2プラスを備えておけば安心です。

<特徴>

  • 安全回路付
      (危険防止のため使用後にカバーを閉めないと動作しない)
  • 停電時は、市販のバッテリーを電源として使用可能
  • バッテリー上がり防止機能付
      (電圧残量が少なくなると停止し再充電可能)
  • 3種類の電源コードが標準装備
      コンセント用・車のソケットとバッテリー用)
  • 消費電力55Wの省電力
  • 災害時以に介護用としても利用可能
  • コンパクト収納能
  • 省スペース備蓄
  • すばやく設置
  • 汚物をパック処理で臭わない

3種の電源接続方法

3種の電源接続方法

設置例

本体の組み立て時間は約1分と簡単です。 災害用テントや、身体を支える専用手すり(アシストフレーム)も別途販売しています。

  • 和式トイレに設置
  • 災害用テント
    (オプション品)
  • 専用手すり
    (オプション品)

仕様

寸法(収納時) (幅)474×(奥行)581×(高さ)344mm
寸法(組立時) (幅)435×(奥行)656×(高さ)918mm
重量(収納時) 約20.0kg(本体+ACアダプタ+車用コード2本含む)
約17.5kg(本体) 使用者体重130kgまで使用可能
(JIS S1203 座面強度試験1300N(区分3)適合品)
セット内容
  • ・本体
  • ・ACアダプタコード3m
  • ・シガーソケット用コード10m
  • ・バッテリー用コード
使用回数 連続約50回/1巻
材質
  • ・本体、便座:スチール、樹脂
  • ・本体側面カバー:アルミ
  • ・本体上下カバー:スチール
  • ・脚部:ステンレス
使用上の注意
  • ・電源(AC100VまたはDC12V)が必要
  • ・パックフイルム・凝固剤セットが別途必要
  • ・使用後に密閉されたパックを取り出して下さい
  • ・取扱い説明書の注意事項をお守り下さい
廃棄方法 各自治体の指導に従い処理をして下さい。
保管条件
  • ・高温、多湿を避け、備蓄倉庫等に保管
  • ・備蓄時は4段積みまでにして下さい
保管・保証期間 本体:お買い上げの日から1年間
付属品仕様
  • 梱包箱付属品セット(フイルム・凝固剤)
  • 約幅295mm×奥行550mm×高さ195mm>
  • 内訳:フイルム(約50回分×12巻)・
       凝固剤(約60回分×10本)=約600回分
  • 梱包時重量 約10kg


ページトップへ