GET ADOBE READER

サイボウHOME  >  防災工事  >  防災リニューアル工事  > インターホン

防災リニューアル工事 ⁄ インターホン

インターホン

最新のインターホンで、
安心を強化できます。

24時間働くインターホン設備、設置後一定期間を経過していたらお取り替えをおすすめします。故障や不具合を解消するだけでなく、セキュリティの点からも、安心な来客対応の面からも、最新の機能をもったインターホンがおすすめです。

インターホンには寿命があります

インターホンは、毎日いつでもお使いいただけるよう“常時稼動”しています。そのため、時間の経過とともに部品が劣化・摩耗し、故障が発生してしまいます。

インターホンの更新はおよそ15年が目安です。

経年劣化による部品の故障発生率は15年を境にあがってきます。

故障が増加する前に早めのリニューアルをお勧めします

主要インターホン設備(システム)の更新期間目安

お客さまのインターホンは更新適齢期?まずは寿命をご確認ください。

主要インターホン設備(システム) おおよその更新期間
1)一般住宅用(家庭用)インターホン 10年 ※
2)集合住宅用インターホンシステム 15年 ※
3)病院用・高齢者施設用インターホンシステム 12年 ※

※ 予算計画は長期修繕計画を立案する時に参考期間としてお使い下さい。
※ 設置後の更新を必要とするおおよその期間であり、品質保証・修復対応等の期間ではありません。(一般社団法人インターホン工業)

インターホンの種類によって、おすすめ機種や工事の内容が異なります。既存設備のメーカーにかかわらず、リニューアルご計画の際には弊社担当へお気軽にご相談ください。

マンションでのインターホン

不審者を侵入させないマンションへ
泥棒は、インターホンで留守を確認

マンション(共同住宅)は、一戸建て住宅とは異なる環境にあり、マンション特有の犯罪が発生します。共用部は、マンション入居者以外でも自由に出入りでき、専用部は、独立性が高いため侵入されても周囲に気付かれにくいという危険性が有ります。
したがって「不審者を侵入させない」ということが、マンションの防犯対策の基本。そこで、インターホンのリニューアルによるセルフガードの強化が、一番身近でより効果を高い方法だといえます。

インターホンのセキュリティ強化で、犯罪を未然に防止することができます。

最新のインターホンは?

  • より状況が確認しやすい
    カラー映像
  • 留守中の訪問者もチェック
    録画機能

資産価値の維持・向上のために

マンションの資産価値の維持・向上においてポイントとなるのは共用部のグレードアップと言われています。共用部のグレードアップとは、「セキュリティ」「エクステリア」「エントランス」などです。これらの設備、景観などを良くする事が資産価値を上げる事に繋がってきます。

  • エントランス
    エントランスにつくインターホンはエントランスの景観の一部です。エントランスの景観を良くするにはインターホンの更新も必須と言えます。
  • セキュリティ
    インターホンは訪問者に対応するというだけでなく、部外者をマンション内に容易に侵入させないという重要な役割を持っています。

インターホンの
グレードアップをすると

インターホンは資産価値を維持して行く上でも、
重要な設備と言えます。

さらに便利で安心なオプション

より充実したマンションライフを過ごしていただくために、
さまざまなオプションシステムをご用意しています。

  • 電子回覧板システム
  • ケータイdeドアホン
  • 緊急地震速報

施工例

  • no-data
    ロビーインターホン
    施工後
  • no-data
    カメラ付きインターホン 施工後
  • no-data
    管理室親機 施工後
  • no-data
    カメラ付き玄関子機
    施工後
  • no-data
    ロビーインターホン
    施工前
  • no-data
    音声のみインターホン 施工前
  • no-data
    管理室 施工前
  • no-data
    音声のみ玄関子機 施工前


ページトップへ