GET ADOBE READER

サイボウHOME > 防災工事 > 消防設備のご案内 > 2. 警報設備 > 非常警報器具及び非常警報装置(非常放送設備)

非常警報器具及び非常警報装置(非常放送設備)

非常警報設備は、自動的に火災を感知する自動火災報知設備(自火報)とは違い押しボタンを押すことにより非常ベル(若しくはサイレン)が鳴動し火災を周囲に警報します。自動火災報知設備の設置されている場合には免除されます。非常放送設備は、ホテルや病院など規模や用途により設置が義務となります。通常の放送設備に非常ボタンを持たせ、ボタンを押すことによりアッテネーターを解除する機能や、PA設備などをキャンセルし優先的に全館に放送できる機能を持ちます。自火報との連動とは、自火報からの火災信号により非常ボタンが自動的に押され、あらかじめプログラムされた音声が鳴動します。また、ごく小規模な対象物にあっては警鐘、携帯用拡声器、手動式サイレン等の器具が用いられます。

 ●放送設備系統図

 放送設備系統図(図)


ページトップへ